Last updated:
19-FEB-2016

Access Point Provisioning for Cisco dCloud Content – Unified Mode (Japanese)


Cisco dCloud コンテンツ用のアクセス ポイントのプロビジョニング:Unified モード

Cisco dCloud コンテンツ用の AP のプロビジョニング:Unified モード

このドキュメントでは、Cisco dCloud コンテンツで Unified モード AP を運用するための設定に必要な手順の概要を説明します。 エンドポイント キットなしの AP 単体を使用する場合、デモンストレーションをスケジュールするたびにワイヤレス LAN コントローラ用のパブリック IP アドレスが変更されるため、その都度ご使用の WLC の IP アドレスを設定する必要があります。

エンドポイント ルータを使用する場合は、このタスクを 1 度実行するだけで済みます。

プロビジョニング プロセスを開始する前に、このドキュメントを一通り読んでください。 AP を Cisco dCloud コンテンツで使用する前に、AP のプロビジョニングを行っておく必要があります。

  • アクセス ポイントの設定:3000、2000、1000 シリーズ

アクセス ポイントの設定:3000、2000、1000 シリーズ

機器リスト

設定を完了するには、以下の機器が必要です。

  • アクティブな Cisco dCloud セッション
  • Lightweight IOS ソフトウェア搭載(統合モード)の Cisco Aironet シリーズ アクセス ポイント
  • シリアルポートまたは USB からシリアル アダプタへ接続できるラップトップ、およびターミナル エミュレーション アプリケーション
  • イーサネット ケーブル
  • コンソールケーブル(USB とシリアル アダプタ間で必要となる場合があります)
  • インターネット接続

AP への接続

  1. Workstation1 で、ご自分の国がデモのワイヤレス LAN コントローラで有効になっていることを確認します。 実際の国がリストにない場合は、ワイヤレス規制ドメインが一致する国を選択します。
  2. コンソール ケーブルの一方の端を AP に接続し、もう一方の端をラップトップのシリアル ポートに接続します。
  3. ラップトップのターミナル エミュレーション アプリケーションを起動します。
  4. AP を電源または PoE ソースに接続します。
:AP に対するコマンドライン インターフェイス(コンソール接続)の使用に不慣れな場合は、Cisco dCloud エンドポイント ルータを使用することを推奨します。

AP が起動します。 ターミナル エミュレーション アプリケーションを使用して、ブート シーケンスを観察できます。 AP の起動が完了したら、AP が使用可能であるというメッセージが表示されます。

  1. Enter キーを押します。 ユーザ名とパスワードを入力するよう求められます。
  2. デフォルトのユーザ名とパスワードを入力します。
    Username: Cisco
    Password: Cisco
  3. 特権 EXEC モードへ移行します。
    AP> enable
    Password: Cisco

図 1. AP ログイン画面AP_login_screen

WLC の IP アドレスの設定

アクティブなセッションの WLC に対応する IP アドレスを確認します。

  1. Cisco dCloud UI から、[My Dashboard] > [My Sessions] へ移動します。 アクティブなデモンストレーションの [View] リンクをクリックします。
  2. [Review Session Info] リンクをクリックします。 [Incoming Addresses] 表が表示され、ワイヤレス LAN コントローラのパブリックおよびプライベート IP アドレスが表示されます。

図 2. WLC のパブリックおよびプライベート IP アドレスpublic_private_IP

 

  1. ワイヤレス LAN コントローラの IP アドレスを設定します。
  • エンドポイント ルータなしで AP を使用している場合は、パブリック アドレスを使用します。
  • エンドポイント ルータありで AP を使用している場合は、プライベート アドレスを使用します。
  1. AP へ CLI 接続し、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。
    AP# capwap ap controller ip address <IP_Address>

図 3. コントローラの IP アドレスの設定controller_ip_address

  1. show capwap ip config コマンドを入力し、ワイヤレス LAN コントローラの IP アドレスが正しく入力されていることを確認します。

図 4. IP アドレスの設定確認verifying_ip_address

  1. イーサネット ケーブルの一端を AP 上の Ethernet と表示されたポートに接続し、もう一端をお客様のネットワーク上のアクティブなポートに接続します。 このポートはインターネットへのアクセスが可能で、Cisco dCloud の接続テストに合格している必要があります。
  2. AP が DHCP 経由でネットワーク上の IP アドレスを取得したことを確認します。

図 5. IP アドレスの確認ip_address_verification

:DHCP 経由で IP アドレスを取得するようネットワークの設定が行われていない場合は、付録に示す方法で、ご使用の AP 上の IP アドレスをスタティックに設定する必要があります。

AP はデモンストレーション環境内でワイヤレス LAN コントローラに接続するようになります。

:AP がデモンストレーション環境に接続すると、ソフトウェアのダウンロードが行われ、LED ランプが青色で点滅します。 お客様の接続環境によりますが、これには約 10 分ほどかかります。 このプロセスを中断しないでください。 新しいソフトウェアがインストールされると AP がリブートします。 プロセスが完了すると、ステータス ランプが青色または緑色に点灯したままになります。 ステータス ランプが赤色に点灯、または赤色や青色に点滅している場合は、何らかの問題が発生しています。

AP ステータス インジケータ ランプは青色または緑色に点灯したままになります。 これで AP がシステムに接続されました。

  1. モニタリング ワークステーションに接続して、AP が運用可能な状態であることを確認できます。

スタティック IP の割り当て

デバイスにスタティック IP を設定する必要があるネットワーク内に AP のプロビジョニングを行う場合は、IP アドレスを手動で設定する必要があります。 スタティック IP アドレスが必要かどうかをシステム管理者に確認してください。

スタティック IP アドレスが必要である場合は、IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイなどの設定値を用意してください。

  1. 次のコマンドを使用して、IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイを設定します。
    AP# capwap ap ip address <IP_address> <netmask>
    AP# capwap ap ip default-gateway <GW_address>
  2. 設定を検証します。
    AP# show capwap ip config

図 11. スタティック IP の設定static_ip_address

この設定はサイト固有のものであり、別の場所から AP に接続する際には変更が必要となる場合があります。

トラブルシューティング

既知のバグにより、AP がコントローラに参加できない場合があります。 AP がコントローラに正しく参加せず、AP のコンソールに次のようなログが表示される場合は、次の手順に従ってトラブルシューティングを行います。

*Aug 22 19:39:51.247: %CAPWAP-3-ERRORLOG: Failed to authorize controller using trust config. *Aug 22 19:39:51.248: %CAPWAP-1-SSC_CERT_AUTH_FAILED: Failed to authorize controller, SSC certificate validation failed.Peer certificate verification failed FFFFFFFF *Aug 22 19:39:51.251: %CAPWAP-3-ERRORLOG: Certificate verification failed! *Aug 22 19:39:51.252: DTLS_CLIENT_ERROR: ../capwap/base_capwap/capwap/base_capwap_wtp_dtls.c:447 Certificate verified failed!

  1. AP からネットワーク ケーブルを物理的に取り外します。
  2. AP に保存されている以前の設定を消去します。
    AP# clear capwap private-config
    AP# clear lwapp private-config
  3. AP をリロードします。
    AP# reload
  4. リロードが完了したら、ネットワーク ケーブルを接続します。

リロードが完了すると、AP が正常にコントローラに参加します。